HOME > インタビュー

インタビュー

最先端のリニューアル技術で "革製品"に新たな輝きを─

LBC JAPAN本部 / LEATHER BOO.COM

代表:安封 慎治
インタビュア:タージン
interview_img.jpg タージン 革製品の修理、修復の専門店だそうですね。この道に入られた経緯を聞かせてください。

安封 ソファの汚れが気になり、クリーニングしてくれる業者を探したところ非常に高額な料金だったため、これをリーズナブルな価格で展開すれば潜在的な需要が掘り起こせるのではと考えました。そこで革リペアの師匠のもとで修業を積み、独立した次第です。

タージン なるほど、しかし実際、どのようにリーズナブルな価格を実現しているのでしょう。

安封 革専用塗料・専用洗剤を国内大手塗料メーカーと共同開発したことにより、従来に比べ手軽かつ安価に革製品のクリーニングや修理をすることが可能になりました。仕上がりの良さはもちろん、耐用年数にも優れているんです。

タージン 画期的な発明と言えそうです。そうなるとサービス内容も幅広いのでは?

安封 ええ、あらゆる革製品の修理・修復をはじめ染め直し、染め替え、縫製、金具修理、ソファの張り替え、ガラスコーティングなど、お客様のニーズに合わせて対応させて頂いております。

タージン そもそも革製品は愛着を持って長く使えるもの。本来の輝きを取り戻して頂けたら、依頼者は心底嬉しいと思います。

安封 今後はその喜びを広めるべく、パートナー加盟店を増やしたいと考えています。"FC"でないのはあくまで生涯のパートナーとして共に頑張りたいとの思いから。需要の多い都心部などにもエリアを広げ、たくさんの革製品を蘇らせていけたら嬉しいですね。


このページのトップへ